太陽光発電投資の価格とメリット | 太陽光発電ファンド

HOME » 太陽光ファンドって? » 太陽光発電投資の価格とメリット

太陽光発電投資の価格とメリット

太陽光発電システムの投資には興味があっても、デメリットが気になり投資を行えずにいるという方も多いのではないでしょうか。
しかし、太陽光発電システムは、非常に安定しているため、投資対象として注目を集めているのです。
きちんとしたソーラーパネルのメーカーを選べばまず失敗はありません。


太陽光発電への投資は、高額な初期費用・資金は用意できないという場合であっても、節税と言ったメリットがあります。
300万円程度の資金で太陽光発電への投資を開始したケースでは、その後1年で100万円以上の収入を得ているというケースもあるのです。
ただし、自然を相手にする投資であるため、気候に対する不安や20年という長い期間の投資が終了した後の生活、太陽光発電システムのトラブルに見舞われる可能性などデメリットもあります。
しかし、デメリットを上回るメリットがあるという事を理解しておきましょう。

太陽光発電システムへの投資を行う最大のメリットは、電力の売値が国の法律で定められているという点です。
東日本大震災後、発電システムに関して注目が集まりました。
2012年以降、国は20年の間、太陽光発電システムによって生産された電力は固定価格で買い取るという制度を導入したのです。
これは、固定価格買取制度と呼ばれる制度です。
この制度ができた事によって、太陽光発電システムを導入した場合の収益の計算が行いやすくなり、投資計画も立てやすくなりました。
この20年間買取価格が決められているという点については法律によって定められている部分であるため、投資としてのリスクも軽減されます。

次に、1年間でどの程度の電力を生産できるのかが計算できれば、1年間の収入も計算しやすくなります。
電力の生産量は天候によって変動しますが、シミュレーションで算出された通りの値段であると考えておきましょう。
シミュレーションで算出される数字は地域によって異なるため、投資の前に必ずシミュレーションを行ってください。
また、電力の買い取り価格も年度によって異なるため、確認をしましょう。