太陽光発電の利回り率は? | 太陽光発電ファンド

HOME » 太陽光ファンドって? » 太陽光発電の利回り率は?

太陽光発電の利回り率は?

太陽光発電ファンドは、投資対象として非常にメリットが多いです。
主なメリットは3つ。
1つは、太陽光発電の1kWの相場は30万円を切っており、高額な資金を必要とせず、少ない金額でも太陽光発電への投資が可能であるということです。
太陽光発電ファンドは、一般的に1口10万円から投資可能です。
資金が少ない人でも参加できます。
また、太陽光発電ファンドが想定していた電力生産量を上回り、電力を売った際の収益が増えると、分配されます。
そのため、返ってくる金額が大きくなる可能性があるのです。

また、太陽光発電ファンドはリスクが低いことが特徴。
低いリスクであるのにも関わらず、利回り平均は5%です。
銀行の金利と比較をしても効率が良く、長期投資に向いています。
環境に優しい太陽光発電システムへ投資をする事で、環境の改善に貢献することに繋がります。
再生可能エネルギーやCO2排出量削減などは、全世界で取り組んでいます。
そのため、太陽光発電ファンドに投資をする事によって、太陽光発電システムのさらなる普及に繋がるのです。
高い利回りで利益を得ながら、環境保全にも貢献できる点が大きな特徴であるといえるでしょう。

太陽光発電ファンドは、メリットだけではありません。
デメリットやリスクがあるということも理解しておきましょう。
まずは、太陽の光が当たっている時間によって収益が変わるという事です。
分配金が一定金額ではないという点を理解しておきましょう。
大規模な災害などは、太陽光発電システムを運用する上で最も重大なリスクです。
太陽光発電システムが大きな被害受けた場合、復旧までの間、電力を生産する事はできません。
復旧までの期間、収益は無くなります。
他にも、盗難に遭う可能性など人災が起こり得ます。
ただし、これらは保険に加入しているケースが多く、被害総額は押さえる事ができる可能性も高いです。

また、太陽光発電ファンドはリスクの低い投資ではあるものの、投資である以上元本保証・配当保証などはありません。
太陽光発電システムは太陽の光エネルギーで電力を生産するシステムです。
そのため、大規模な災害などによって発電できず、元本割れをする場合もあるでしょう。