商業用太陽光発電の導入価格 | 太陽光発電ファンド

HOME » 太陽光ファンドって? » 商業用太陽光発電の導入価格

商業用太陽光発電の導入価格

商業用の太陽光発電システムが注目を集めています。
10kW以上になる商業用の太陽光発電で生産された電力は全て買い取って貰う事ができるため、導入を検討する業者も増えているのです。
平成30年度の電気の売値は単価18円。
ただし10kW以上となる商業用太陽光発電システム設備の場合、設置する環境や規模ごとに価格が異なります。
基本的に、家庭用などとして屋根に設置する太陽光発電と比較をすると、安い価格で購入することができるケースが多いです。

ただし、地上に設備を設置する場合には、基礎を作る段階でコストがかかる場合があります。
10kW以上の商業用太陽光発電は、20年を1つの区切りとなります。
しかし、年数を重ねるごとに劣化する事も考えなければなりません。

10kW未満の場合、kW単価25万円、10kW未満の家庭用太陽光発電システムとの価格は差は0円です。
10〜19.9kWの場合、kW単価22万円/kW、10kW未満の太陽光発電システムとの価格は差はマイナス30,000 円。
20〜34.9kWの場合、kW単価20万円/kw、10kW未満の太陽光発電システムとの価格は差はマイナス50,000 円。
35〜39.9kWの場合、kW単価22万円/kW、10kW未満の太陽光発電システムとの価格は差はマイナス30,000 円です。
40〜49.9kWの場合、kW単価21万円/kW、10kW未満の太陽光発電システムとの価格は差はマイナス40,000 円となります。

基本的に、10kW未満の家庭用と比較をすると、kw単価につき数万円安い価格で設置することができると考えられます。
施工が難しい場所に設置する場合、単価が上がってしまいます。
また、地上に立てる太陽光発電システムの場合、土台を作る費用が掛かるため、kwあたりの単価が数万円ほど高くなるケースもあるでしょう。
土地そのものを借りて太陽光発電を使用する場合には、土地の賃料もかかります。

10kW以上の商業用太陽光発電システムの場合、固定資産税と売電収入の所得税も必要となる点を忘れないようにしましょう。
シミュレーションによって売電収入を計算し、1,000万円以上の場合は消費税も発生します。