メガソーラーファンドとは | 太陽光発電ファンド

HOME » 太陽光ファンドって? » メガソーラーファンドとは

メガソーラーファンドとは

メガソーラーファンドとは、市民の出資によって太陽光パネルを設置、建設します。
メガソーラーによって生産された電力は電力会社が買い取り、その収益が合同会社に分配され、そこから出資者に分配されるというシステムです。
これを売電事業と呼び、メガソーラーファンドのために合同会社を設立するケースもあります。

メガソーラーによって生産された電力は「再生可能エネルギー全量買取制度」によって、全部の電力を電気事業者が買い取ります。
電力を売ることによって得た収益は、運営に必要な費用や会社の留保分を残し、すべて出資者へ分配されるのです。
想定以上に電力を生産できた場合、増加した分の収入は全て出資者に分配されるシステムとなっています。

メガソーラーファンドの具体的な流れを見て行きましょう。
会社は、有効活用できていない土地や工場跡地、広い土地の公共施設など、メガソーラーを導入する場所を探します。
新しく設立された合同会社で、メガソーラー発電に投資したい出資者を募集します。
出資者の投資によって集められた資金によって、メガソーラーシステムを設置します。
気候や立地などの環境に応じて、最適なシステムを設置するのです。
メガソーラーによって生産した電力は、20年間は安定した価格で電力会社に売ることができます。
これによって合同会社が収益を得るのです。
合同会社は、収益から必要経費を差し引いた営業利益を、出資者の出資した割合ごとに分配して支払います。
出資者に分配される利益は、基本的に源泉徴収されます。

天災など、予測できないトラブルが起こることもあります。
メガソーラーファンドでは、地震を除く事故に対応するため、保険に加入するのです。
そのため、不測事態の事故に対するリスクは低いと考えられるでしょう。

メガソーラーファンドのメリットは、再生可能エネルギーの普及などのエコ活動に参加できるという点です。
太陽光発電システムを個人で導入し、運用することは難しいものです。
そのため、出資という形で再生可能エネルギーの普及に参加できるという点は大きなメリットでしょう。